薪の適当だけど安くて上手な積み方

薪ストーブ用の木は、1年以上も積んで乾かさなければならないのだが、積む場所を確保するのが難しい。1年間で燃やす薪の量は、2トンくらいになるので、倍の4トン分を、積んでおく場所が必要になる。
庭が広くて、お金があれば、薪専用の小屋や雨よけの施設を作ればよいのだが、あいにくそんな持ち合わせはない。そこで、適当だけどお金がかからずに、かつ崩れなくて、そんなに場所をとらない方法はないものか。私がやっているのはかなり適当だが、世の中には、うまいやり方を知っている人がいるはずだ…。

maki3
まずは、薪を置く地面を平らにして、太さ7センチくらいのまっすぐな木をならべる。適当な鉄の棒やコンクリートなど何でもよい。薪は3列に積むので、木を6列にならべる。上の写真では木は5本しかないが、じつはここはすぐ右側に家があって、これ以上右に薪を積むと通路が狭くて通れなくなってしまう。そこで手前だけは、薪を2列に積んで、奥のほうで途中から3列に積むようにしている。

maki2
薪の山のサイドは上の写真のように、2つ分だけ井桁積みにする。井桁が1つだと、1年間積んでいるうちに崩れてくる。2つ分井桁にすれば、ほとんど大丈夫。
両サイドを井桁積みにしたら、まん中のほうは、横にして積んでいく。下の段は、きちんと3列で積む。しかし、薪の長さがどうしてもバラバラなので、上のほうは、4列にしたり3列にしたり適当に調整しながら積んでいく。一番上の段は、形がいびつな薪をのせる。積む高さはあまり高すぎると崩れたときに危ないので、最大でも大人の身長くらいにしておく。ただ、崩れるときは、ゆっくりと形がゆがんできて、一気に崩れることはほとんどない。

maki1
全部積み終わったら、長めの棒を数本のせて、上から農ポリをかぶせる。この農ポリは、厚さ0.07mm×幅150cm×長さ100mで、価格が3980円と格安だ。 日本農業システムのオンラインショップで数年前に購入した。薪の山の長さにあわせて6mくらいでカットして、3~4年は使用できるので、100mあればかなりながく使える。穴があいたら、ビニールテープなどで修理する。
あとは、ひもで縛り付けておく。テレビのアンテナ線の古いやつがあったので、とりあえずそれを利用している。ひもで縛るときのコツは、どちらかの一端は、重めの木などを縛って、空中に浮かせること。こうすれば、重みでつねにひもがピンと張ってゆるまなくなる。欠点は、大風がふいたときに、ポリがはがれてしまうこと。

適当マヨネーズのつくり方

朝、マヨネーズがなくなったので、作った。マヨネーズは機械(バーミックス)があれば簡単に作れるので、もう20年以上、市販品を買ってない。
材料
卵     1個
酢     大さじ 2~3(適当)
塩     小さじ 1~2(適当)
コショウ  少々
マスタード 少々(適当)
油     カップ 1~2(適当)
道具
大きめのびん
バーミックス
つくり方

マヨ1
①びんに材料を全部入れる。油は一番最後に入れる。

マヨ2

マヨ3
②バーミックスで混ぜる(1分くらい、適当)。このとき、バーミックスがびんの底につくまで入れて、じっとしておく。だんだんマヨネーズになってきたら、ぐるぐるかき回して全体を混ぜる。
③フタ付きのびんなら、このまま冷蔵庫で保存できる。慣れれば、全部の作業は5分くらいで完成。

マヨ4
ポイント
①酢は、すっぱければ何でもかまわない。レモン果汁(クエン酸)、米酢(酢酸)、コーン酢(酢酸)などどれでも作れるが、精製度が高いほど日持ちがよくなる。レモン果汁などは、香りがよいが、カビが生えやすくなるので、早めに食べきる。酢の分量が多いほどマヨネーズはすっぱくて、ゆるくなる。自分の好みで調整する。
②卵は全卵でも黄身だけでもどちらでもよい。黄身だけの場合は、2個分にする。好みでよい。
③塩は多いほどしょっぱくなる(あたりまえ)。自分の健康度と好みで調整する。
④マスタードは、粉、チューブ、納豆の付録など何でもよい。量が多いほど辛くなる。またマスタードの量が多いほどカビが生えにくくなる(防カビ作用がある)。
⑤油は、大豆油(サラダ油)、ナタネ油、オリーブ油、コーン油など何でもよい。ただし、精製度が高いほど日持ちがよくなる。好みと価格で選ぶ。また、油の量が多いほどマヨネーズは硬くなる。好みで調整する。
⑥失敗しないポイントは、最初に卵と酢をよく混ぜておき、そのあとに油と混ぜること。卵と酢は油より重いので、びんの底に沈む。バーミックスをびんの底まで入れるのは、底に沈んだ卵と酢を最初によく混ぜるため。心配なら、最初はびんに卵と酢だけを入れてよく混ぜ、そのあとに油を注いで混ぜればよい。
マヨネーズは家族が多ければ1ヶ月くらいで使い切ってしまうので、年に12回作ることになる。作っているうちに、だんだんと好みの分量がわかってくる。途中で味見してみて、硬すぎれば酢を足してもいいし、ゆるすぎれば油を足してもよい。塩やマスタードも足すことができる(ひくことはできない)。
もっとも、家族でも一人一人好みが違う(とくに夫婦)ので、食べるときに、すっぱいのがよい人は、レモン果汁を加えればよいし、和風が好きなら醤油を加える。果実の香りがほしいのなら、リンゴ果汁、柑橘果汁、梅酢でもなんでもござれ。油の香りが欲しいなら、ごま油、オリーブオイルを加えればよい。

書評:利己的な遺伝子〈増補新装版〉 Book review : Richard Dawkins, The Selfish Gene

『利己的な遺伝子』の最初の日本語訳が出たのは1980年(その次が1991年)で、一度読んでいる。そのときはかなり衝撃的で、友人にもすすめた記憶がある。
増補新装版(2006年)をたまたま図書館で見て、増補された部分だけでも読まなくちゃいけないとずっと思っていたが、ようやく最近になって読むことができたので、感想めいたことを書いてみる。
30周年記念版への序文を読み始めてまず思ったのは、ダーウィンに対する思い入れがいかに強いかということ。「本書は、ダーウィニズムにおけるもう一つの主要な利他主義の発生源である互恵的利他行動とあわせて、それがどのような仕組ではたらくかを説明している」とはっきりと書いている。これはどいうことかというと、ダーウィンは『種の起源』第7章本能で、不妊アリの存在について、「これが私の学説が遭遇したとりわけ深刻な難問だがらである」と、自然淘汰説で利他主義を説明することが困難であることを吐露している。すなわち、偉大なダーウィンがうまく説明できなかったことを自分が完成させるという、ドーキンスの自負があらわれている。
1989年版の前書きでは、「利己的遺伝子説はダーウインの説である」、「オーソドックスなネオ・ダーウィニズムの論理的な発展であり、ただ目新しいイメージで表現されているだけなのだ」と謙虚に書いているので、十数年のあいだに、自説についてより自信が深まったのかもしれない。
本の構成も、独立した多くの章からなり、小見出しがなくて、細かいことがらをだらだらと書き連ねて、章の最後にまとめの文章がある。これも『種の起源』とまったく同じ文章構成になっている。
1章は導入で、2章から4章は、利己的な遺伝子論の理論的な中核をなす部分で、本書の白眉である。私が解説するまでもない。
5章攻撃は、ESS(evolutionarily stable strategy:進化的に安定な戦略)について書かれているが、その論証のなかで、「報復派だけが進化的に安定であることがわかる」という説を引用している。ところが、今回の増補版の補注5-2で、「この見解はまちがいであった」と書き、「このゲームにおける真のESSはは、タカ派とあばれんぼう派の安定した混合あることを示した」と訂正している。しかし、1989年版で、わざわざこの5章を補強するために12章気のいい奴が一番になるを加えている。すなわち、12章全体がすでに無駄であることがわかっているのに、2006年版の補注では12章についてまったく触れていない。これは不可解だ。
11章ミームには、多少でも社会学や人類学を学んだ人なら同意できないであろう。この社会進化(進歩)論は、スペンサー以来のイギリスの伝統である。そもそも、「evolution」を「進化」という意味で最初に使ったのはスペンサーであり、evolutionが、『種の起源』に最初に登場するのは第6版からである。ダーウィンは最初は、進化のことを「変化をともなった由来」という言い方をしていた。さらに、「適者生存」という用語もスペンサーの造語であり、『種の起源』に登場するのは第5版である。ダーウィン進化論を人間の文化や社会進化に拡張したのは、ラボック(考古学)、タイラー(人類学)、フレイザー(民族学)らがよく知られているが、フランツ・ボアズとその弟子たちの文化相対主義によって徹底的に批判された。ドーキンスは進化生物学者なので、ボアズ社会学の洗礼を受けていないのであろうか?
もっとも、ドーキンスは、2011年の対談の中で、「 I’m not committed to memes as the explanation for human culture.」と述べて、ミームを人間の文化に適応することを否定している。じっさいに、11章の最後では、「われわれは遺伝子機械として組立てられ、ミーム機械として教化されてきた。しかしわれわれには、これらの創造者にはむかう力がある。この地上で、唯一われわれだけが、利己的な自己複製子たちの専制支配に反逆できるのである」と書いて、11章で書いてきたことをすべてなげうって、どんでん返しをみせている。完全な実存主義である。
12章気のいい奴が一番になるは、1989年版で追加された章であるが、先述したように、引用している論証が不完全であるために、全体的に論理がぼやけてしまっている。気のいい戦略の勝利は自然界にも適応できるとし、その条件を、未来の影が長いこと、ノンゼロサムゲームでなければならない。…このような条件は、生物界のいたるところで確実に満たされていると書いているが、ダーウィンが常にマルサス人口論を引用するように、自然界はむしろゼロサムゲームで満たされている。ノンゼロサムももちろんあるが、種のニッチへの拡散期など、むしろ少ない条件であろう。
そして、章の最後で、チイスイコウモリは、「利己的な遺伝子に支配されてさえ、気のいい奴が一番になることができるという慈悲深い考えの先触れをすることができるだろう」と、ついに実存主義をチイスイコウモリにまで拡大してしまった。イギリス人らしいおおらかさや人の良さがあらわれていて、これには笑ってしまった。これは11章から続くジョークなのであろう。さらに、自分たちイギリス人が、人類史上もっとも征服欲旺盛な部族であったことをまったく忘れてしまっており、これも何ごとも根に持たないイギリス人の美徳なのであろう。
13章も1989年版で追加された章であるが、これは、ドーキンス『延長された表現型』(1982)の要約である。すばらしく斬新なアイデアで、これだけでも新しい研究分野が生まれるのではないだろうか。
なお、ドーキンスは、ウィルソンを毛嫌いしていることを率直に書いており、きわめて正直で人間くさいところも、イギリス人らしい。
読後の感想としては、個人的に一番知りたかったESSについての論考が研究途上であり、『利己的な遺伝子』はいまだ未完であるということである。この分野にとりくんでいる研究者はとても多いので、やがてより完成度が高い理論が登場するであろう。そのときには、再び増補版が刊行されるのではないだろうか。補注5-1のドーキンスの「ESSとは自分自身のコピーに対してうまく対抗できる戦略のこと」という定義が、ESSの本質をとてもうまく表現しており、こういうところが、ドーキンスの凄みだと思った。

※書評の続きは、こちらにもあります。
味覚の進化論その1
https://jcmswordp.wordpress.com/2016/07/10/%e5%91%b3%e8%a6%9a%e3%81%ae%e9%80%b2%e5%8c%96%e8%ab%96%e3%81%9d%e3%81%ae1/

利己的な遺伝子 <増補新装版>
リチャード・ドーキンス
紀伊國屋書店
売り上げランキング: 3,545

農家が教える トマトつくり

一昨年に企画・編集した本。手前味噌だが、書評を書いてくれる人もないので、自分で紹介してみる。本のおおざっぱな構成は

1、トマト栽培のプロ農家の技術を紹介する

2、トマトのユニークな品種の紹介

3、トマト栽培の研究者に栽培法の基礎をまとめてもらう

で、これを読めば、現在のトマト栽培技術のほとんどのことはわかるようになっている。

B5版でページ数は176ページなので、そんなに分厚い本ではないが、内容は情報を厳選してあり、無駄な情報や余白はほとんどない。

1ページあたりの平均の文字数は1000字で、全部で170,000字以上ある。写真は167枚、図版の数は89、表は36使用している。

これで、税込み1,296円なので、情報量からすると、かなりお得なはずだが、逆に情報量が多くて読むには多少骨がおれる。

一般の趣味の園芸の人を対象に、ごく簡潔に作ることもできたのかもしれないが、そのような本は他にもたくさん発売されているので、より詳しい情報を欲しい人の要求に答えられるようにした。あと、本物の日本のプロの農家やプロの研究者たちが、悩んだり、考えたり、苦しんだり、試行錯誤を繰り返しながら、おいしいトマトを作っていることを、多くの人に知ってほしかった。そのように作られたトマトを、私たちはふだん食べている。

農家の技術のトップに登場するのは茨城県鉾田市の伊藤健さん。伊藤さんは茨城県の指導農業士で40年以上のベテラン農家。伊藤さんのトマトは、2月下~7月中旬の長期どりで、27段も収穫する。結婚して作業を一緒にやっている奥さんの手荒れがひどかったため、減農薬栽培に取り組むようになった。この減農薬トマトを築地市場にもちこみ、やがて品質が評価されて都内の高級青果店で高額で取引されるようになった。しかし、セレブご用達のトマトを作ることに、次第に違和感をおぼえるようになり、現在は全量を地元のスーパーに契約出荷している。伊藤さんはこれまでに何人もの研修生を受け入れており、弟子たちは全国でトマト栽培に取り組んでいる。伊藤さんの減農薬栽培法、高糖度のトマトつくり、土づくり、炭酸ガス施用、種まきと苗作りなどのノウハウを、詳細に紹介している。たとえば、下の図のような種まきのコツは、教科書など他の本では見たことがないやり方で、とても参考になる。

タネまき

トマト栽培にかかわる人なら、名前を知らない人はいないのが、千葉県横芝光町の若梅健司さんと埼玉県熊谷市の養田昇さん。おふたりとも日本のトマト栽培のレジェンド(伝説)と呼ぶにふさわしい。

若梅健司さんは、日本のトマト栽培の先駆者のひとりで、1946年から70年間もトマトを栽培している。種苗メーカーから栽培試験を委託され、数多くのトマト品種の栽培法に精通している。千葉県指導農業士、千葉県農業大学校講師、農水省農業技術の匠を歴任。若梅さんは、昔から自分の栽培記録をノートに詳しく書き残しており、そのノートをもとに、1年間の作業をつうじて、トマト栽培のコツを詳述していただいた。

養田昇さんも、トマトを栽培しはじめたのは1946年だ。全国野菜研究会の会長を務め、全国にのべ50人以上の弟子がいる。養田さんは、トマト名人の名に満足せず、直立Uターン整枝や不耕起栽培など新しい技術に次々と挑戦している。その自然や作物に対する謙虚な姿勢がすばらしい。トマトの品質が高いため、生産したトマトは、直売所や宅配ですべて売れてしまう。

上の方々だけでなく、本書に登場する農家は、日本の農業の発展のために、自分の技術や知識をおしみなく公開してくれており、人格がすばらしい。

研究者も最前線で活躍されておられる方ばかりだが、望月龍也さんは、イチゴ品種の「さちのか」などの育成者としても著名で、農研機構野菜茶業研究所長も務めた。青木宏史さんは、連続摘心整枝法の開発者として有名で、千葉県農業試験場を経て、みかど育種農場の研究農場長を務めた方だ。

目次

トマト栽培 プロのコツ
27段収穫する高糖度トマト    伊藤健
挿し木苗をポットごと定植    大木寛
不耕起トマト 着果が安定、収量が向上   時枝茂行
ミニトマト 三本仕立てで苗代半分、根張りは抜群   田上輝行
大玉トマト 六本の側枝をUターンさせて25tとる   植松正樹
オランダのトマト100tどりの秘密    中野明正
未熟稲わら10t投入でトマト二割増収   古谷茂貴
トマトのリアルタイム栄養診断    山田良三
硝酸イオンメーターで栄養診断して追肥   市原知幸
山砂播種床で鍛えたトマト苗は抜群の活着   所沢基光

個性的なトマトの品種
完熟どりトマトを加工して売る   馬場 亮
「紅涙」の多本仕立て無かん水栽培   小川光
ドライトマト「ボルゲーゼ」    宮入隆通
天日乾燥で美味、ドライトマト向き品種   曽我井陽充
「玉光デリシャス」    今野文隆
「すずこま」クッキングトマト    由比 進

精農家の栽培技術
トマト栽培60年 ハウス抑制栽培    若梅健司
トマト 不耕起・平うね栽培    養田昇

トマト栽培の基礎
原産と来歴     望月龍也
植物としての特徴    望月龍也
作物としての特性と分類    望月龍也
形態的特性     鈴木克己
生理、生態的特性    東出忠桐
播種法と発芽     高野邦治
育苗方法(ポット苗)    藤本豊秋
再育苗(セル成型苗)    吉岡宏
自家製培養土の素材(ポット苗)   本島俊明
培養土の作り方(ポット苗)   本島俊明
土壌の条件     鈴木秀章
養分吸収の特徴と施肥の考え方   武井昭夫
第三花房開花までの水管理   荒木陽一
生育後期の水管理    荒木陽一
トマトの整枝法     青木宏史
直立1本整枝法     青木宏史
直立Uターン整枝法    青木宏史
連続摘心整枝法     青木宏史
直立二本整枝法     青木宏史
主枝プラス側枝どり整枝    青木宏史
芯止まり型トマトの整枝法   青木宏史
夏秋栽培     矢ノ口幸夫
促成栽培 九州タイプ    末永善久
促成栽培 関東タイプ    鈴木秀章
抑制栽培     鈴木秀章
ミニトマト     河合仁

農家が教える トマトつくり
農山漁村文化協会
売り上げランキング: 38,039

小学生が作る1km飛ぶゴム動力飛行機

わが家の子供(小学校6年生)が、ゴム動力飛行機を作った。プロペラとゴム以外の材料は、すべて100円ショップで買ったものばかり。バルサ材も100円だし、竹ヒゴも100円。翼の紙は運動靴を買ったときに入っている詰め物を利用している。

彼が作るのは、これが4機目(じっさいは改造・修正で20回以上作っている)なので、非常に手際よく製作していく。製作時間は2日間で、8時間30分であった。

この飛行機は、1キロくらい飛ぶように設計してあり、じっさいに、2号機は風に乗って、はるかかなたに飛んで行き、山の向こうに消えてしまった!

hi1

竹ヒゴを蒸気でまげる。

hi2

リブ(翼の骨)の切り出し。薄いバルサ材からカッターで切り出す。

hi3

主翼の組み立て。重要なところなので、何度も調整する。

hi4

翼に紙をはる。この紙は運動靴を買ったときに詰め物として入っていた紙。この紙をタオルで湿らせて、シワをつけてある。

hi5

完成。作りはじめてから、ここまで8時間30分。飛ばすのが楽しみだが、飛行距離が長いので、飛ばせる場所がなかなかないのが悩み。飛行機が行方不明にならないように、名前、住所、電話番号を書いておく。

 

薪割り用の斧を改造

いつもストーブ用の薪割りに使うのは、Hultafors(スウェーデン)の斧。この斧は、刃の中央が山型になっていて、薪が割れやすく、挟まったときも抜けやすい。ただし、欠点は、図のように薪が柄の付け根に当たって傷みやすいこと。そこで、ステンレスの番線を巻いて、エポキシ系の接着剤で固めた。こうすると、3年くらいは接着剤が保護して、まったく傷まない。接着剤が割れてきたら、また上から塗り固めれば大丈夫。

ono2

ono3