銅の時代のはじまり Chalcolithic

超協力タカ派戦略の人間にとって,生存にもっとも重要な物資のひとつは,戦闘のための武器である。武器は,ハンドアックス→ヤリ→弓矢へと変化したが,これらの武器は,人間以外の他の種に対して使用されるときは生産手段(獲得手段)になる。情報の蓄積によって,知識と技術が高度化すると,武器と獲得手段の材料は,石器から金属へと転換した。


前6000年~4000年の時代区分(*1)

もっとも早くに利用された金属は銅であるが,金属としての銅の利用に先んじて,マラカイト(孔雀石・Cu2CO3(OH)2)が利用されていた。発見されている最古のマラカイト製品は,イラクの紀元前10,000年ころのShanidar洞窟から出土したペンダントである。トルコ南東部のハラン・チェミ(Hallan Cemi:BC10200~BC9200)やチャヨヌ(Cayönü:BC8630~BC6800)からマラカイトが出土しており,とくにチャヨヌでは,マラカイト製のビーズが464点見つかっている。北西シリアのテル・エル・ケルク(Tell el Kerkh),パレスチナのナハル・ヘマル(Nahal Hemar)洞窟からもマラカイトが出土しており,広くレヴァントで利用されていた。


マラカイト(Author:Robert M. Lavinsky)

もっとも古い自然銅利用の証拠が見つかっているのはチャヨヌであり,自然銅を加工した,銅製の装飾品やピンが多数出土している。また,アシュクル・ホユック(Aşıklı Höyük:BC8200〜7400)では,銅のビーズが埋葬者の副葬品から見つかっており,チャタル・ヒュユク(Çatalhöyük:BC7500~5700)でも,銅の装飾品が出土している。これらの銅製品は,板状に伸ばした銅を巻いて作られている。また,チャヨヌやアシュクル・ホユックの自然銅製品のなかには,焼きなました痕跡があり,銅を熱して伸ばしやすくして,複雑な形の製品を作っていた。


(*2)


自然銅の飾り チャタル・ヒュユク(*3)

銅の製錬がいつはじまったかについては,はっきりとわかっていないが,トルコ南部のメルシン(Mersin)では,紀元前5千年紀の遺跡から,開放型鎔笵(鋳型)による鋳造銅器が出土している。


(*4)

ブルガリアの黒海沿岸のヴァルナ(Varna)では,世界最古(BC4600年)で最大の金の工芸品が発見されており,銅製品も多数出土している。294の墓から,多数の金,銅,陶器,フリント,黒曜石,ビーズ,貝が見つかっており,金の遺物は6kg,3000個にのぼる。


A tomb from the Varna necropolis (Bulgaria), circa 4600 BC, with the world’s oldest gold jewellery yet discovered.

近年,アルプスでBC3400~3100年のミイラのアイスマンが発見された。アイスマンは,製錬された純度99.7%の銅製の斧を携帯しており,製錬,鋳造,冷間鍛造,研磨されていた。銅は,イタリアの南トスカーナから来たものであるという。


アイスマンの斧(Author:Bullenwächter)

銅(Cu)は,ラテン語ではCuprum,ドイツ語Kupfer,英語Copperで,古代中国では「黄」と呼ばれていた。ラテン語の語源は,キプロス島に銅山があったことからとされているが,じっさいはその逆で,銅山があったからキプロスと呼ばれたのであろう。銅の鉱石鉱物には,以下のものがある。


銅(Cu)の主な鉱物(オレンジ色太字:主要鉱物)(*5)

銅鉱石から銅の製錬が始まるのは,BC5500~5000年ごろと考えられているが,当時の銅の製錬がどのようなものであったか,はっきりとはわかっていない。おそらく,酸化物系の銅鉱石の孔雀石(Cu2CO3(OH)2)と砒素カンラン石(Cu2(AsO4)OH),あるいは硫砒銅鉱(Cu3AsS4)などと混合製錬したのがはじまりだろうと言われている。


(*6)

デイルメンテペ (Degirmentepe)は,トルコ南東部のカラジャ山の北西140kmに位置する紀元前6千年紀~5千年紀末の遺跡だ。ウバイド土器,三列構成の遺構,大量のスタンプ印章や封泥が出土しており,ウバイド文化との関係が深い。デイルメンテペでは,2基の炉,銅鉱石,銅鉱滓,インゴット(地金),銅片,坩堝の破片,金床石,破砕用の石などの遺物が出土しており,銅の製錬がおこなわれていた。


(*2)

イラン高原のタル・イ・イブリス(Tall-i-Iblis)は紀元前5千年紀前半の遺跡で,I期とII期の層から坩堝が出土している。II期の層では大量の坩堝の破片と炭化物も検出されており,盛んに銅生産がおこなわれていたと考えられている。また,ピット状の炉内からは坩堝の破片と酸化銅鉱が出土した。


(*7)

(*7)

同じくイランの紀元前5千年紀後半のテペ・ガブリスタン(Tepe Gabristan)では,径30cmほどの炉が2基確認されており,すかし孔のある高台が付いた完形の坩堝が出土している。また,斧やインゴットの鋳型,羽口,破砕されて土器に納められたマラカイトも見つかっている。


(*2)

紀元前4千年紀の遺跡では,ユーフラテス中流域のハジュネビ(Hacinebi)があり,径60cm深さ45cmの炉が4基見つかっている。炉内から,多量の炭化材,坩堝の破片,銅鉱滓,羽口,土製の鋳型の破片,銅のノミが出土している。

トルコ東部のノルシュンテぺ(Norsuntepe)では,紀元前4千年紀の層から,炉,銅鉱滓,土器に入れた銅鉱石,坩堝が出土している。銅の品位が比較的高い酸化銅鉱を製錬していたと考えられている。

パレスチナのティムナ(Timna)では,紀元前4千年紀の製錬炉と考えられる遺構が検出されている。また,パレスチナ南部のベエルシェヴァ川からベソル川下流域にかけての地域では,前4千年紀に銅生産をおこなっていたと考えられる遺跡が,多数確認されている。

イスラエルのナハル・ミシュマル(Nahal Mishmar:BC3500年)では,蜜蝋法によって製作された銅および砒素銅の製品が442個見つかっている。


Fig 14 3: Copper artefacts from the Nahal Mishmar hoard. 1. Macehead (Bar-Adon 1980, 120, no. 184); 2. Macehead (ibid., 118, no. 180); 3. Standard (ibid., 85, no. 110); 4. Standard (ibid., 49, no. 21); 5. Standard (ibid., 101, no. 153); 6. Standard (ibid., 48, no. 20); 7. Standard (ibid., 103, no. 154); 8. Standard (ibid., 98, no. 148); 9. Standard (ibid., 93, no. 129); 10. Standard (ibid., 45, no. 17). Courtesy of the Israel Exploration Society.(*8)

文献
*1)西アジア考古学講義ノート編集委員会. (2013). 西アジア考古学講義ノート. 日本西アジア考古学会.
*2)三宅裕. (2001). 銅をめぐる開発と交流. 西アジア考古学 第2号.
*3)General Directorate of Cultural Assets and Museums. (2012). The Neolithic Site of Çatalhöyük.
*4)Stefan Burmeister; Svend Hansen; Michael Kunst; Nils Müller-Scheessel; Forschungscluster 2, Innovationen – technisch, sozial. (2013). Metal matters : innovative technologies and social change in prehistory and antiquity. Rahden : VML, Verlag Marie Leidorf, 2013.
*5)山口大学工学部学術資料展示館. 銅鉱.
*6)新井宏. (2000). 金属を通して歴史を観る 15 奈良大仏の銅の製錬. Boundary.
*7)Lesley D Frame. (2004). Investigations at Tal-i Iblis: evidence for copper smelting during the Chalcolithic period.
*8)Milena Gosic. (2015). Casting the sacred: Chalcolithic metallurgy and ritual in the southern Levant.

投稿者: jcmswordp

著述、企画、編集。農家が教えるシリーズなど

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中