ストックが大きくなると小さな不確実性を選択する

ストックがある値を超えて大きくなると、投資を控えて小さな不確実性を選択するようになる。これは、生物および人間の本来的な生存戦略と考えられる。

生物は、利用資源が豊富なときは、小さな差異、小さな不確実性を選択したほうが有利であり、生存条件が悪化したときは、大きな差異、大きな不確実性を選択したほうが有利である。

差異性向、不確実性性向:Preference of difference, preference of uncertainty

d:遺伝的な差異
pd:自分に存在しない形質が、異性に存在する確率
dt:接合可能な遺伝的差異の大きさ
ef:有利さの期待値
ei:不利さの期待値
Rc:複製によって得られる有利さ
Rf:異性との接合によって得られる有利さ
Ri:異性との接合によって生じる不利さ
u:有利さの期待値と不利さの期待値の幅(不確実性)
ef=Rc+Rf・pd
ei=Rc+Ri・pd (Ri<0)
u=ef-ei=(Rf-Ri)pd

人間の超協力タカ派戦略からみても、資源量が十分にあるときは、不確実性が小さいほうが有利であり、資源が不足したときは、不確実性が大きいほうが有利である。

武器と資源獲得の不確実性:Weapons and Uncertainty of resource acquisition

w:武器の殺傷力の大きさ
pa:ライバル集団の大多数を殺傷できる確率
Ra:Aが占有するなわばりから得られる時間当たりの資源量
Rb:Bが占有するなわばりから得られる時間当たりの資源量
eaw:勝利したAが獲得できる資源量の期待値
eal:負けたAの資源量の期待値
ebw:勝利したBが獲得できる資源量の期待値
ebl:負けたBの資源量の期待値
u:戦闘によって獲得できる資源量の期待値の幅(不確実性)
eaw=Ra+Rb・pa
ebl=Rb-Rb・pa
eaw=Ra+Rb・pa
ebl=Rb-Rb・pa
ebw=Rb+Ra・pb
eal=Ra-Ra・pb
ua=eaw-eal=Rb・pa+Ra・pb
ub=ebw-ebl=Ra・pb+Rb・pa
ua=ub

ストックが増大して、フローとフロートが停滞している現在の状況は、国家や社会が安定した状態が長くつづき、資源の獲得と所有が固定しつつあることを示している。

ただし、生物や人間の歴史において、そのような状態が長くつづいたことはない。

有機農業と未来: アメリカの有機農業から何が見えるか
本田進一郎 (2016-02-13)
売り上げランキング: 99,274

投稿者: jcmswordp

著述、企画、編集。農家が教えるシリーズなど

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中