家畜ウシの起源:Origin of cattle

ウシ族の分類についても、最近まで系統関係がよくわかっておらず、学名表記も不安定であった。

Bos primigenius(Aurochs, cattle):オーロックス、家畜ウシ
Bos grunniens(Yak):ヤク
Bos javanicus(Banteng):バンテン
Bos frontalis(Gayal):ガヤル
Bos gaurus(Gaur):ガウア
Bos sauveli(Kouprey):コープレイ
Bison bonasus(European bison, wisent):ヨーロッパバイソン
Bison bison(American bison, American buffalo):アメリカバイソン、バッファロー


Yak, Date1898(Author:Lydekker, Richard)


Banteng at Indonesia(Author:rochmad setyadi)


Gayal(1887)


Gaur(Author:Animalkingdomvideos)


A young male Kouprey, the horns not yet fully developed, photographed 1937 at the Zoo of Vincennes, Paris.(Author:Georges Broihanne)


European Bison(Author:Talks Presenters)


Bison(Author:Jack Dykinga)

メスのミトコンドリアDNAで見ると、ヨーロッパバイソン(Bison bonasus, wisent)は、家畜ウシ(Bos taurus, ox, zebu)と近縁である(*1)。ところが、オスのY染色体で見ると、ヨーロッパバイソン(wisent)はアメリカバイソン(bison)と近縁である。これは、ヨーロッパバイソン(wisent)が、バイソン系統のオスとオーロックス系統のメスが交差して成立したためと考えられている。(*2)


Phylogenetic analyses including all the diversity for banteng and gaur sequences. The phylogenetic trees were carried out with the Bayesian approach, and the values on the branches correspond to posterior probabilities greater than 0.5. The analyses were done by including all sequences of banteng (Bos javanicus) and gaur (Bos frontalis) available in the EMBL/GenBank/DDBJ databases. Banteng and gaur sequences produced during this study are indicated by black circle. The tree in (A) was found by analysing the sequences of the subunit II of the cytochrome c oxidase (CO2), whereas the tree in (B) was obtained with the cytochrome b gene sequences (Cyb). (Molecular Phylogenetics and Evolution Vol 33, Issue 3, 2004, P 896-907)


Phylogenetic trees of bovine species. In the Neighbor-Joining tree the circled numbers correspond to the numbering of lineages in the text. The figures near nodes indicate bootstrapping percentages of the Neighbor-Joining (nj) maximum parsimony (mp), and maximum likelihood with the HKY + G model (ml; Swofford 2000) or the fraction of times a given clade occurs in the trees sampled during Bayesian analysis (ba); the figures of 100 are generated by three or all four of the algorithms. The interrupted line indicates an alternative position of wisent, diverging from a cluster of lineages (1), (3), and (4) (Molecular Biology and Evolution, Vol 21, Issue 7, 1 July 2004, P 1165–1170)


Explanations for the divergence of the mitochondrial DNA from bison and wisent (Molecular Biology and Evolution, Vol 21, Issue 7, 1 July 2004, P 1165–1170)


スペイン、アルタミラ洞窟のバイソン(Author:Rameessos)

家畜ウシの原種は、オーロックス(Bos primigenius)である。オーロックスは、最後の1頭が1627年にポーランドで死んで絶滅してしまった。絶滅したオーロックスには、少なくとも、次の3つの亜種が存在したことが認められている。

Bos primigenius primigenius(Aurochs):ユーラシア大陸に広く分布
Bos primigenius namadicus(Indian Aurochs):インドに分布、3,200年前?に絶滅
Bos primigenius africanus(African Aurochs):北アフリカに分布


Aurochs, the original probably dates from the 16th century(Author:Charles Hamilton Smith)


Aurochs bull at the Zoological Museum in Copenhagen. 7400 BC, found on Prejlerup.(Author:Michael B. H.)


zebu、コブウシ


Jabbarenの岩絵、アルジェリア東部(Author:Yangar)


Watusi Cattle(Sanga cattle)アフリカ(Author:Just chaos)

なお、家畜ウシの学名は、以前はBos taurus(cattle)あるいはBos indicus(zebu)であったが、現在は、祖先のオーロックスとおなじBos primigeniusに統一されている。

Bos taurusBos primigenius taurus(cattle):ウシ
Bos indicusBos primigenius indicus(zebu):ゼブー、コブウシ

2014年に、134品種1,543頭の家畜ウシの遺伝子の解析が行われている(*3)。家畜ウシは、アジア、ユーラシア、アフリカの3つの大きなグループに分かれた。また品種としては、ウシ(Bos taurus taurus)、ゼブー(Bos taurus indicus)、バンテン(Bos javanicus)の3種に大きく分けられる。家畜化が行われたおもな場所は、肥沃な三日月地帯とインダス渓谷の2か所と考えられる。

バンテン(Bos javanicus)は、ウシやゼブーの祖先の系統と、より古い時代に分岐した祖先に由来する。

また、アフリカのウシは、ウシ、ゼブー、バンテンとは別の系統であり、アフリカで第3のウシの家畜化があったと推定される。そして、アフリカで家畜化があった場合、その祖先は、ユーラシアのオーロックス、インドのオーロックスの共通祖先と姉妹だったであろう。

モンゴル牛(Mongolian)、和牛(Wagyu)、韓牛(Hanwoo)、中国在来牛(Qinchuan)など極東の在来牛は、アナトリアでウシが家畜化された比較的早い時期に、シルクロードを通って東方に移された家畜ウシの子孫である。また、和牛は、在来牛と近代以降に欧米から導入された牛との交配によって成立した。


Principal component analysis of 1,543 animals genotyped with 43,043 SNPs. Points were colored according to geographic origin of breed; black: Africa, green: Asia, red: North and South America, orange: Australia, and blue: Europe. (PLoS Genet 10(3): e1004254)


Phylogenetic network of the inferred relationships between 74 cattle breeds. Breeds were colored according to their geographic origin; black: Africa, green: Asia, red: North and South America, orange: Australia, and blue: Europe. Scale bar shows 10 times the average standard error of the estimated entries in the sample covariance matrix. Common ancestor of domesticated taurines is indicated by an asterisk. Migration edges were colored according to percent ancestry received from the donor population. Migration edge a is hypothesized to be from wild African auroch into domesticates from the Fertile Crescent. Migration edge b is hypothesized to be introgression from hybrid African cattle. Migration edge c is hypothesized to be introgression from Bali/indicine hybrids into other Indonesian cattle. Migration edge d signals introgression of African taurine into Iberia. Migration edges e and f represent introgression from Brahman into American Criollo. (PLoS Genet 10(3): e1004254)


Worldwide map with country averages of ancestry proportions with 3 ancestral populations (K = 3). Blue represents Eurasian Bos t. taurus ancestry, green represents Bos javanicus and Bos t. indicus ancestry, and dark grey represents African Bos. t. taurus ancestry. Please note, averages do not represent the entire populations of each country, as we do not have a geographically random sample. (PLoS Genet 10(3): e1004254) 青:ユーラシアの系統、緑:ゼブーとバンテンの系統、ダークグレー:アフリカの系統


Phylogenetic network of the inferred relationships between 14 cattle breeds. Breeds were colored according to their geographic origin; green: Asia, and blue: Europe. Scale bar shows 10 times the average standard error of the estimated entries in the sample covariance matrix. Migration edges were colored according to percent ancestry received from the donor population. Migration edges show indicine introgression into Mongolian cattle, African taurine and indicine ancestry in Marchigiana, and a northern European influence on Wagyu. (PLoS Genet 10(3): e1004254)

2014年には、家畜化の初期について解析されている(*4)。考古学と遺伝的データから、家畜ウシは、10,500年前に、中近東のオーロックスが最初に家畜化されたことが示されている。現在の家畜ウシのミトコンドリアDNAの変化、突然変異率の推定値の変動などから推定すると、最初に家畜化されたのは、80頭ほどの少数の集団であったという。このような少数の集団から、家畜化が始まったことは、考古学的な証拠と一致しており、ごく限られた地域で最初の家畜化が行われたと考えられている。

文献
*1)Alexandre Hassanin, AnneRopiquet, (2004) Molecular phylogeny of the tribe Bovini (Bovidae, Bovinae) and the taxonomic status of the Kouprey, Bos sauveli Urbain 1937, Molecular Phylogenetics and Evolution Vol 33, Issue 3, 2004, P 896-907
*2)Edward L. C. Verkaar  Isaäc J. Nijman  Maurice Beeke Eline Hanekamp  Johannes A. Lenstra, (2004) Maternal and Paternal Lineages in Cross-Breeding Bovine Species. Has Wisent a Hybrid Origin?, Molecular Biology and Evolution, Volume 21, Issue 7, 1 July 2004, Pages 1165–1170,
*3)Decker JE, McKay SD, Rolf MM, Kim J, Molina Alcalá A, Sonstegard TS, et al. (2014) Worldwide Patterns of Ancestry, Divergence, and Admixture in Domesticated Cattle. PLoS Genet 10(3): e1004254
*4)Bollongino R, Burger J, Powell A, Mashkour M, Vigne JD, Thomas MG. (2012) Modern Taurine Cattle Descended from Small Number of Near-Eastern Founders. Molecular Biology and Evolution, Volume 29, Issue 9, 1 September 2012, Pages 2101–2104,

あらゆる有機物から肥料を作る方法
電子園芸BOOK社 (2016-07-29)
売り上げランキング: 49,883
広告

投稿者: jcmswordp

著述、企画、編集。農家が教えるシリーズなど

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中