ブドウの縮果症と光呼吸、窒素過剰

栽培ブドウ(ヴィニフェラ種)の野生種は、中東からヨーロッパにかけて自生しているが、ヴィニフェラ種が最初に栽培化されたのは、コーカサス山脈の南方と考えられている。イラン北部では紀元前5000年のワインを入れた壺が出土しており、アルメニアでは、紀元前4000年のワイン醸造所の遺跡が発見されている(文献1)。最古のものとしては、ジョージア南東部の新石器時代の遺跡から、ワインを入れたらしき紀元前6000年ごろの壺が出土している。

マスカット・オブ・アレキサンドリアは、古来より北アフリカで栽培されていたブドウ品種とされており、ローマ時代には、エジプトのアレキサンドリアから出荷されたと伝えられている。もともと、地中海地方では、ブドウは栽培されていなかった(トゥキディデス)ので、東方から導入された栽培ブドウから派生した品種と考えられる。

きわめて古い栽培品種であるため、マスカット・ハンブルグ 、イタリア、ネオマスカット、ルビーオクヤマ、甲斐路、マスカット・ベーリーA、シャインマスカットなど、多くの変種や派生品種が存在している。アレキサンドリアは、多雨多湿の日本では栽培が難しいため、ほとんどは、瀬戸内地方で温室栽培されている。

マスカットにとくに顕著な障害として、縮果症がある。硬核期前の第1迅速生長期の後期に発生し始め、硬核期に果皮下の果肉部に斑点が生じ、しだいに黒変して果粒がへこんでしまう。縮果症は何らかの病原菌による感染症というわけではく、組織が壊死する生理障害とされている(文献2)。

縮果発生の原因については、諸説あるが、よくわかっていない。1期後期に枝葉が急生長して葉からの水分蒸散が多くなり、根からの水分吸収が追いつかず、果実から水分が奪われるという説がある。しかし、結果枝の環状剥皮処理、水の葉面散布処理、断根処理などの試験では、水分不足は関係ないことが示され、むしろ、かん水量が多く、6~7月になっても新芽が伸長する樹に縮果が発生しやすい。高温による障害、カルシウムの不足による生理障害などの説もあるが、いずれも、はっきりとした証拠や対処法は見つかっていない。

縮果が発生しやすい条件として、次のような報告がある。樹勢の強い若木を強勢定した場合、高い確率で縮果が発生する。逆に、樹勢が低下した樹では、まったく発生しない。土壌水分が豊富で、硬核期になっても新梢が伸長する樹において、果粒の肥大が続く場合に多発する。高温条件下では、障害の進行が速い。樹勢が強い第1亜主枝に多発し、樹勢が弱い亜主枝では発生が少ない。果房の肩部で、大粒の果粒ほど、粒数が少ないほど発生率が高い。ジベレリン処理した果房で発生しやすい。

すなわち、樹勢が旺盛で、枝葉の生長速度が速い樹ほど、また、生長速度が速い果粒ほど、縮果が発生しやすい。

なお、ヨーロッパやアメリカでは、縮果症についての報告がなく、縮果症は日本に特有の生理障害とされている。世界のブドウの栽培地は夏季少雨の気候であるが、日本では6~7月が高温多雨多湿となる。日本では、この時期に、ブドウがもっとも旺盛に生長し、同時に病害虫が多発する。このような日本の気候条件が、縮果症発生の背景にあると予想される。

ブドウの標準的な養分吸収の特性については、以下のような報告がある。
「カリフォルニアのワインブドウ地帯の施肥体系は、1980年代に大きく変わった。その一つの理由は点滴かん水の導入である。必要に応じたかん水によって、肥培管理が的確にできるようになった。カリフォルニア大のChristensen教授を中心として、多くの実験と調査が行われた結果、それまでの元肥中心から、結実後に年間の約50% 、収穫期後に約30%、落葉期(または発芽期)に残りを施肥する方式が、収量、品質、樹の永続性の点で最も優れることが証明された」(岡本、1998、文献3)

さらに、岡本五郎先生は、日本でのブドウ根域制限ベッド栽培における養分吸収パターンを、下図のように示している。

また、根域制限した巨峰の液肥濃度と土壌水分の影響につては、次のように報告している。
「根城制限栽培のブドウ‘巨峰’に対する適切な施肥法を知るために,ベッド植えの1年生の挿し木苗に液肥を週に1~3回与え,果実の発育段階に応じてその濃度を調節した.基肥としてナタネ粕を1樹当たり200g与えた区を対照区とした。 (中略) 硬核期から液肥の濃度を1/3に下げると,副梢の生長が抑えられ,果粒の肥大と着色及び糖の蓄積が優れた.着色期から液肥の濃度を下げてもある程度同様の効果がみられた.N:60ppmの液肥を収穫期まで与えた区では,着色が劣り,酸含量も高かった.一方,ナタネ粕区では硬核期中の副梢の生長が旺盛で,果粒の肥大が悪かった」(岡本ら、1991、文献4)
「発芽期から結実期までpF2.2でかん水し,幼果期はpF1.5でかん水し,着色期から再びpF2.2かん水に戻すと,果粒の肥大はそれほど劣ることなく,可溶性固形物含量も高く,着色の良い果実が生産された」(岡本ら、1991、文献5)

ブドウの光飽和点は3~4万ルクスであり、光線が強い6~7月は、光呼吸がおきて光合成速度が低下する。

ブドウ光
ブドウ(デラウェア)の光合成速度の季節的変化(日野ら, 1974)

栽培ブドウ(ヴィニフェラ種)は、夏季少雨乾燥地帯が起源であり、夏場は雨が降らないので、もともと夏場には無機養分の吸収量が低下する。いっぽう、夏季多雨多湿地帯の日本で栽培した場合、水といっしょに無機養分を多く吸収してしまう。無機養分の中でも、成長を大きく左右する窒素とカリウムが過剰になると思われる。

また、土壌中では、温度と水分の上昇によって微生物の活動が活発になるので、土壌中の有機態窒素が急速に分解してアンモニア(NH3)が発生する。

植物は、アンモニア、アンモニウム(NH4+)、カリウムが過剰になると、カルシウム(Ca2+)の吸収が悪くなることが知られている。トマトでは、アンモニア過剰でカルシウムの吸収が悪くなると、芯どまりや尻ぐされ果が発生する。

光呼吸によって成長が停滞する時期に、体内の窒素とカリウム、および土壌中のアンモニア過剰によって、カルシウムの吸収が悪くなることが、縮果症の原因ではないだろうか。窒素過剰によるカルシウムの吸収阻害では、カルシウムを追肥したり葉面散布したりしても、効果がほとんど無いことが知られている。

ポット栽培など根域が小さな栽培法で、かつ液肥などを施用すれば、果樹栽培であっても、生育の途中で窒素の吸収を中断することは可能である。しかし、根が広く伸びている露地栽培では、窒素吸収を制限することは困難である。とくに、堆肥や有機質肥料で土作りした園地では、肥効がゆっくり長く続くため、窒素の発現や吸収をコントロールすることは簡単ではない。(つづく)

※記事を一部訂正

文献
*1)世界最古のワイン醸造所、アルメニア
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/3662/
*2)ブドウ(Vitis vinifera L.とV. complex)における縮果病の発生程度とカルシウム、マグネシウム及びホウ素の発生予防効果、九州大学農学部附属農場研究報告第11号、2003
*3)岡本五郎、ブドウ栽培の基礎知識Ⅲ 施肥の理論と技術、1998
*4)岡本五郎他、根域制限した‘巨峰’ブドウの生育と果実の発育に及ぼす液肥濃度の影響、岡山大学農学報、1991
*5)岡本五郎他、根域制限栽培のブドウ‘巨峰’の樹体生長と果実発育に及ぼす土壌水分の影響、生物環境調節29、1991
*6)日野 昭, 天野勝司, 沢村泰則, 佐々木専治, 倉岡唯行.(1974) 果樹の光合成作用に関する研究(第2報)光合成速度の季節的変化. 園芸学会雑誌43巻3号 p209-214.

プロにまなぶ アスパラガスのつくり方
電子園芸BOOK社 (2016-06-04)
売り上げランキング: 105,315
堆肥と土壌の作り方: 身近な有機物を利用する
電子園芸BOOK社 (2016-09-19)
売り上げランキング: 34,001

投稿者: jcmswordp

著述、企画、編集。農家が教えるシリーズなど

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中