味覚の進化論その3

統合味覚は、きわめて速いスピードで変異していく。それは、味覚を完璧に複製することが困難であるからだけでなく、人間の創造力が、きわめて旺盛だからである。味覚は変化・進化するという、人々の共通の認識があるために、味覚や食文化に優劣をつけることに抵抗がないのであろう。すなわち、味覚は、文化であると同時に、「技術革新」であるということだ。技術革新であるならば、たとえば、自動車の性能をレースで競うように、味覚や食文化に格付けを与えることはなんら不思議ではない。

味覚受容体

上の表は、味覚受容体と味覚物質を調べられる範囲でまとめたものである(文献参照)。これをみると、ヒトは何を食べてきたのかがうかがえる。まず「甘味」であるが、自然界で、糖が多く含まれるものは、植物の果実や蜂蜜である。つまり、これらの食べ物を長く多く食べた結果、甘味の感覚味覚が進化してきたのであろう。

「苦味」のほうは数十種類の受容体と苦味物質が存在することがわかっている。植物は、昆虫、爬虫類、哺乳類に食べられるのを防ぐために、アルカロイドなどの毒物を体内に蓄え、さらに有毒であることを動物たちに学習させるために、苦味の味物質を作り出してきた。動物にとって、植物に存在する毒物は生存に直結するので、受容体の機構がこれほど進化したのであろう。ただ、植物のほうからみると、動物に学習させることで食べられなければよいのだから、進化が進めば、苦味はあるが毒はそれほどないという植物のほうが、エネルギーコストが有利になるはずだ。コーヒーのカフェイン、お茶のカテキン、ビールのポップ、ニガウリのモモルデシンなどは、苦味は強いが毒性はそれほど強くない。

「うま味」の味物質であるグルタミン酸は、植物にも動物にも含まれるが、イノシン酸のほうは植物にはほとんど含まれない。イノシン酸は、動物や魚に多く含まれる。チンパンジーもアカコロブスなどの動物を食べるので、ヒトはチンパンジーと分岐する前から動物を食べていたのであろう。ゴリラやオラウータンは動物を食べないとされているが、ヒヒのように動物を食べる霊長類はほかにも多くいるので、霊長類が動物を食べるようになったのは、はるか昔で、ゴリラやオラウータンにもイノシン酸の味覚があるのかもしれない。

「酸味」については、強い酸味はまずいとか腐っていると感じるが、薄い酸味は逆においしいと感じる。植物の果実は、小さいうちは酸味(クエン酸)が強くて食べられないが、成熟してくると酸味が弱まり甘味(糖)が増してくる。一般には、糖酸比13のときが、もっともおいしいと感じるとされている。さらに果実の成熟が進むと、乳酸菌によって乳酸発酵がおこり、乳酸のために他の雑菌は繁殖しにくくなる。次に乳酸に強い酵母が増殖してアルコール発酵がおこり、生成したアルコールが揮発して周囲に甘酸っぱい香りを撒き散らす。つまり、種子拡散者の鳥や動物を、臭いで誘引している。ここで、うまく目的の動物に食べられれば、果肉は消化されて動物のエネルギーと栄養分になり、硬い種子は遠い場所で糞(栄養素)と一緒に排泄される。とくに鳥類は激しい飛翔運動をするために、糖(エネルギー)とリンPを多く必要とし、果実には糖とリンが多く含まれている。すなわち鳥の糞にはリンが多く含まれており、植物→動物→土壌→植物の間を循環している。

さらに発酵がすすんでアルコール濃度が高くなると、自家中毒によって酵母の活動は沈静化する。次に、酢酸菌が繁殖してアルコールを酸化して酢酸に変え、再び酸っぱくなってくる。乳酸菌、酵母、酢酸菌などの微生物は、植物と種子拡散者の間を取り持ちながら共生している。酢酸発酵がさらに進んで酸味が強くなると食べられなくなるのは、落果して、もはや目的の種子拡散者に食べられる確率が小さいので、種子を破壊して食べるような動物や昆虫に食べられるよりも、強い酸味で食べられることを防ぎ、その場で発芽したほうが有利なのかもしれない。あるいは、酢酸の強い殺菌力で、病原菌や腐敗菌から種子を守っているのかもしれない。

なお、脂肪についても、脂肪を感じる機構があるようだが、詳細はわかっていないようだ。

ぱん

チンパンジーはずっと熱帯の森に暮らしてきたが、ヒトは、熱帯の森をでて、サバンナ、海岸地帯、ステップ草原、温帯の森、寒帯の森など、さまざまな環境に進出した。

「すべての生物は、指数関数的な増加率で増えようと悪戦苦闘している」(ダーウィン)ので、熱帯の森にとどまったチンパンジーは、森の中にあるものを、何でも食べないとライバルに敗れて絶滅してしまう。住む空間が森に限られているので、チンパンジーは、人間以上に、苦味や渋味が強い食べ物を多く食べるはずだ。本物の強い毒のある植物を食べる個体(遺伝子)は死んでしまうので、「苦味・渋味は強いが毒性は強くない苦味・渋味」に適応した個体(遺伝子)が、生存する確率がもっとも高い。チンパンジーが食べる食物の種類は200種類ほどといわれている。もっとも多く食べるのは果実で、植物の葉、シロアリなどの昆虫、動物の肉も食べる。ヒトを除く類人猿の中では、もっとも雑食的とされている。

一方、ヒトについては、まとまった統計を見つけられないが、たとえば、野菜は800~1000種類、魚介類700~1000種類、果樹は300~400種類ほどの食物を食べるとされている。ほかにも穀物、肉類、乳製品、昆虫、さらに調味料のような加工食品も加えれば、膨大な種類の食べ物と統合味覚を持っている。これは、ヒトが熱帯の森からでて、地球上のあらゆる環境に進出した結果だ。

理論的に考えれば、感覚味覚については、チンパンジーのほうがヒトより多くの味物質を同定できるはずだ。とくに、苦味・渋味の感覚味覚を複雑化しないと、植物種が多い熱帯の森で生き残ることができない。チンパンジーは、人間よりも「良薬は口に苦し」と思っているに違いない。ヒトの場合は、感覚味覚を進化させる必要はなく、チンパンジーと分岐する前からもっている感覚味覚や感覚嗅覚で同定できる食べ物を、空間を拡大することで獲得すればよい。魚介類のような、森では見たこともない生物を食べることになるので、新皮質の創造力・柔軟性と、情報の伝播(=文化)によって統合味覚の種類を増やしてきた。ヒトの統合味覚の膨大な多様性は、新皮質の創造力・柔軟性の大きさ、学習能力の高さ、すなわち、遺伝子を凌駕する変異の速度の大きさをあらわしている。

参考文献・引用文献
本田進一郎、あらゆる有機物から肥料を作る方法、2016
ダーウィン、1859、『種の起源』、光文社、2009

あらゆる有機物から肥料を作る方法
電子園芸BOOK社 (2016-07-29)
種の起源(上) (光文社古典新訳文庫)
光文社 (2013-12-20)
売り上げランキング: 1,929
広告

味覚の進化論その2

文化は平等であり、文化の優劣を問うことはタブーであるはずなのに、どういうわけか食文化については、中華が優れているとか、フランスだ、和食だなどと論じても、あまり問題にならない。優劣とはやや異なるが、文化の保護と継承を目的として、ユネスコによって「無形文化遺産」が登録され、食文化もその対象になっている。もっとも、文化の保護と伝承が目的というなら、論理的には、世界のすべての食文化を等しく登録しなければならないはずだ。

いずれにしても、文化を含む統合味覚の進化を論じることは、問題なさそうなので、ダーウィンの『種の起源』にならって、検討してみる。

味覚の伝播

まず、統合味覚は、遺伝子のように伝播するだろうか?これは「伝統食」とか「お袋の味」とか「郷土食」などという言葉があるくらいだから、時間を越えて伝播することは間違いない。また、フランス料理や中華料理のレストランが世界中に存在することから、統合味覚が時間と空間を越えて伝播することはあきらかである。もともと、統合味覚が伝播する理由は、親から子などの血縁集団内(遺伝子プール)に、その食べ物の栄養価が高くかつ毒がないという情報が伝わることが、生存に有利だからである。親や仲間の採食行動を子供がまねるということは、人間だけでなくチンパンジーなどでもみられる。また、フグや毒キノコのように、感覚味覚ではまったく判断できない毒物についても、集団内に危険情報が伝播することはきわめて生存に有利である。あるいは、納豆のように、腐敗したような臭いや味がするにもかかわらず、栄養価が高くて毒性がない食べ物もある。これらも統合味覚として、集団内に伝播していく。

日本人がおいしいと感じる納豆や塩辛を、外国人が食べられないのは、統合味覚の集団内伝播が理由だ。統合味覚は、脳の新皮質の働きなので、最終的には新皮質が「食べられる」か「食べられない」かを判断している。判断の基準は、感覚だけでなく学習(伝達,共感,知識,経験,認識)に左右される。外国人は、子供のころから腐った豆や腐ったイカは食べてはいけないと教えられているので、それによく似た食べ物は、新皮質が拒絶する。だから、外国人が納豆を食べられるようになるには、ただ提供するだけではだめで、学習が必要である。同様に、さまざまな知識を詰め込んで、この食べ物は栄養があって「超おいしい」と学習した人は、その食べ物を食べたときに、本当に心から「超おいしい」と感じているはずだ。

味覚の突然変異

遺伝子の突然変異のように、統合味覚は変異するか?現代人の統合味覚の多くは、突然変異で生まれたものばかりといえるであろう。アイスクリームとか、カップラーメンなどの統合味覚は、それ以前には存在していなかったものだ。麺、寿司、カレー、トンカツ、天ぷら、スナック、ソーセージ、ラーメン、ハンバーガー、コーヒーなど、大昔の人類が食べたことがなかった、きわめて多種多様な統合味覚が存在している。

味覚の生存闘争

新しい統合味覚が次々に登場するということは、統合味覚同士の競争がおきるはずだ。人間は無限に多種類の食べ物を摂取することはできないからだ。当然、競争に敗れて消えていく統合味覚もある。日本人の統合味覚でいえば、昔に食べていた、トチ、シイ、ドングリなどの統合味覚はほとんど絶滅してしまった。アワ、キビ、ヒエ、シコクビエなどの雑穀も、「絶滅危惧味覚」である。さらに、クマ、タヌキ、キツネ、ウサギ、キジ、ヤマドリ、ツグミ、スズメ、ヘビなど野生動物の肉や、イナゴ、カミキリ、蜂の子などの昆虫の統合味覚もほとんど絶滅している。これら以外にも、昔は食べていたが、今は食べなくなった食べ物は山ほどある。

あるいは、牛丼、寿司、ハンバーガー、カレー、ラーメンなどの外食産業の統合味覚も、激しく競争している。そういう意味では、商品として流通しているすべての統合味覚は、「市場」という場で、激しい生存闘争をくり広げている。

味覚の淘汰

統合味覚の激しい生存闘争の結果、消えていく統合味覚がある。また、競争ではないが、危険が判明したために、消滅する統合味覚もある。たとえば、生のレバーの統合味覚は消滅するであろうし、マーガリンの統合味覚もいずれは無くなるであろう。

しかし、長い歴史を経ても無くならない統合味覚がある。それは、長い栽培の歴史を持ち、現在も大量に生産されている農水産物の食べ物である。ムギ、イネ、トウモロコシ、ダイズなどの穀物、トマト、イチゴ、キュウリ、ナス、ピーマン、スイカ、メロンなど果菜類、レタス、キャベツ、ハクサイ、コマツナ、ホウレンソウ、ネギなど葉菜類、ジャガイモ、サツマイモ、ダイコン、ニンジンなど根菜類、カンキツ、リンゴ、ナシ、モモ、ウメ、ブドウなどの果樹、ウシ、ブタ、ニワトリなどの家畜、養殖魚や魚介類。このような農水産物から作られるさまざまな食品の統合味覚は、味覚の淘汰の結果、現在まで生き残ってきたといえる。

味覚の変異の法則

味覚が変異するのはなぜか。遺伝子の場合は、変異の原因は遺伝子の複製が完璧ではないことからきている(突然変異)。また有性生殖では交配と減数分裂によって、遺伝子の乗換えと組換えが行われる。

統合味覚も遺伝子と同様に、完璧に複製することは困難である。いくら、詳細な料理のレシピが残されていたとしても、材料の品質は微妙に変化していく。たとえば「トマト」とレシピに書いてあっても、昔のトマト品種と現在のトマト品種では、味や香りが異なる。また、和食、洋食、中華など、異なる統合味覚同士が組み合わされることで、新しい統合味覚が生まれることがしばしばおきる。

さらに、統合味覚は脳の新皮質の働きであるために、遺伝子にはない変異の能力がある。それは、新皮質による「創造性」である。人間の創造性と創造力によって、それまで見たこともないような新しい統合味覚が次々と作り出されていく。これが、人間が人間である所以であり、人間が「利己的な自己複製子たちの専制支配に反逆できる」であろう理由である。(ただし、創造性とは何か?あるいは創造性の根源は何か?という問題はここでは問わない)

味覚の多様性

統合味覚は次々と変異していくので、生物多様性と同様、味覚多様性になる。ちょっと商店街やスーパーマーケットに出かければ、多種多様な味覚があふれている。また、ハンバーガーチェーンとかコーヒーチェーンが新しく日本市場に参入することは、外来種の侵入と同じで、「外来味覚」の侵入ということもできる。もっとも、生物と違って、外来味覚が侵入することは何の問題もない。

味覚の系統樹

味覚の変異と伝播の法則から、生物種と同様に味覚の系統樹が作れる。下に寿司の系統樹を作ってみた。まず、大昔に大陸のどこかで、穀物と魚を漬けて発酵させた「なれずし」が登場した。これは、穀物と魚が微生物の働きで分解と変成をうけた保存食だ。乳酸菌が生成する乳酸や酵母が生成するアルコールで、カビなどの雑菌の繁殖を抑えている。そのなれずしが、日本列島に伝えられ、「ふなずし」などが生まれた。なれずしは、自然の微生物の働きを利用するので、製造がきわめて難しく、失敗することも多い。そこで、江戸時代に、自然発酵ではなく、あらかじめ醸造した食酢(酢酸)をごはんに混ぜて、そこに魚を加える「早鮨」が生まれた。これが、関西では箱寿司や棒寿司になり、関東では握り寿司、巻き寿司になったらしい。

寿司

味覚の分類

系統樹が作れるなら、生物のように目、科、属、種の分類も作れる。地域、原料、加工法などで分類すると以下のとおりに表せる。

分類

(つづく)

 

文献
ダーウィン、1859、『種の起源』、光文社、2009
日本の食生活全集、農山漁村文化協会、1993

味覚の進化論その1

 

前回、「味覚」は純粋に化学的な反応であると述べた。しかしそれだけでは、人間の味覚を理解することはできない。化学的な反応だけでは、日本人がおいしいと感じる納豆や塩辛を、外国人が食べられない理由を説明できない。まず、「味覚」という言葉の意味をより正確に表現する必要がある。そこで、化学的な反応の味覚を「感覚味覚」、食文化などを含んだより総合的な味覚を「統合味覚」とする。統合味覚の定義は、人間が食べ物のおいしい味と判断している感覚と認識の統合された総体である。統合味覚は、その要素として、感覚味覚、統合嗅覚、統合食感、統合温感、統合視覚、学習、創造を含む。嗅覚、食感、温感、視覚についても、化学的な反応としての感覚と、感覚と認識の統合を区別して、感覚**、統合**と定義する。学習とは、伝達、共感、知識、経験、認識のことである。わかりやすく集合で書くとこうなる。

統合味覚={感覚味覚,統合嗅覚,統合食感,統合温感,統合視覚,学習,創造}
感覚嗅覚⊂統合嗅覚
感覚食感⊂統合食感
感覚温感⊂統合温感
感覚視覚⊂統合視覚
学習={伝達,共感,知識,経験,認識}

上の要素のうち、感覚味覚感覚嗅覚、感覚食感、感覚温感、感覚視覚は化学的な反応なので、神経細胞と「古い脳」による反応である(P.D.マクリーン説)。そのほかの要素は、伝聞、認識、創造など人間の「新しい脳」の働きによる。つまり、統合味覚というのは、遺伝子の機能だけで説明するのは困難であり、大脳の新皮質の働きによる反応ということである。

seaka

『利己的な遺伝子』の11章ミームで、ドーキンスは、ニュージーランドのセアカホオダレムクドリのさえずりの例から話を始めている。セアカホオダレムクドリの鳴き方には、グループごとに「方言」がある。それらのさえずりのパターンは、親から子ではなく、近所にテリトリーをもつ他の個体のさえずりを「模倣」することで、自分のものにするという。また、若鳥がさえずりを模倣しそこねて、新しいさえずりが唐突に出現することがしばしばあり、この新しいさえずりの出現を「文化的突然変異」と表現している。

ドーキンスは鳥のさえずりの話から、いきなり人間の言語、衣服や食物の様式、儀式・習慣、芸術・建築、技術・工芸などの文化的な変化も、進歩的でありうるとして、文化的進化について述べ始める。そして、生物の遺伝子(ジーン)に対応する概念として、人間の文化伝達の単位として「ミーム」という概念を提出している。

そもそも文化進化や社会進化論の歴史は、ダーウィン進化論よりもはるかに歴史が古く、「人間の社会は、高等な文明に向かって発展・進歩する」という概念は、古来より存在する。思想として鮮明になりはじめるのは、17~18世紀の啓蒙思想で、ルソーは、自然状態の人間(野生人)は、子供のように無知で進歩しなかったが、理性を獲得すると農業や法律が発達し、人間の不平等が生じたと論じた(『人間不平等起源論』1755)。19世紀には、フランスのサン・シモンが社会主義を構想し(『産業階級の教理問答』1823)、その弟子のコントは社会構造の発展を理論化した(『実証哲学講義』1830)。コントは、スペンサーやマルクスに強い影響を与えた。また、同じころに、デンマークの考古学者のクリスチャン・トムセンは、石器時代―青銅器時代―鉄器時代の時代区分を初めて提唱した(『北方古代文化入門』1836)。

19世紀中葉には、イギリスでは、スペンサーが社会進化(進歩)論を創始し(『発達仮説』1852)、ダーウィンは『種の起源』(1859)を発表した。「evolution」を「進化」という意味で最初に使ったのはスペンサーであり、「適者生存」という用語もスペンサーの造語である。また、ヘーゲル弁証法とフォイエルバッハの唯物論を継承したマルクスが、『経済学批判』(1859)、『資本論』(1867)を著し、弁証法的唯物論を唱えた。アメリカでは、モルガンが、インディアンの民族学的な調査を行ない、人類の社会発展は、野蛮―未開―文明の三段階に分けられると主張した(『古代社会』1877)。モルガンの主張は、アメリカの人種差別政策を正当化、恒久化するために使われた。さらに、エンゲルスは、『空想より科学へ』(1880)のなかで、「ダーウィンは、今日の一切の有機的自然、植物も動物もしたがってまた人間も、幾百万年にわたる絶え間ない進化の過程の産物であることを証明し、それによって自然についての形而上学的な見方に強烈な打撃を与えた」と書き、モルガンの『古代社会』をもとにして、『家族・私有財産・国家の起源』(1884)を著して、唯物史観を唱えた。

今日では、進化論を人間や文化に安易にあてはめることはタブーである。ダーウィン進化論を最初に人類学に導入したのは、ダーウィンの隣に住んでいて親交が深かった考古学者のラボックである。ラボックは、ダーウィン進化論を文化進化と人類進化に導入して、人間集団は、自然淘汰の結果、その文化のみならず、生物的な能力も変化すると主張した。そして、ヨーロッパの先史時代の石器の年代や製作技術の面から、「旧石器」、「新石器」という2つの段階を規定した(『先史時代』1865)。

また、人類学の草分けであるタイラーは、ダーウィン進化論から敷衍して文化や宗教の進化(進歩)を想定した。タイラーは、宗教は原始的な自然崇拝から始まり、死者や呪物崇拝を経て多神教が成立し、最後に一神教へ進化したと論じた(『原始文化』1871)。タイラーに影響を受けたフレイザーは、夥しい数の未開社会の呪術、神話、信仰、風習、宗教を収集し、『金枝篇』(1890-1936)を著した。

さらに、ダーウィン進化論を、人間の改良にまで拡大したのが優生思想である。優生学という用語を初めて使ったのは、ダーウィンの従兄で、遺伝学、統計学者であったフランシス・ゴルトンである。ゴルトンは、進化論をもとに、「遺伝的に優良」な人間の子孫を増やし、「劣悪」な人間は子孫を残さないようにすれば、より良い社会が実現できると主張した(『遺伝的天才』1869)。その後、優生運動はアメリカ、イギリスで盛んになり、アメリカでは1907年に断種法が制定された。1930年代には、ナチスの優生政策、人種政策に利用され、人類の尊厳と生存に甚大な被害を与えた。

このような19世紀の進歩・進化主義の隆盛に対して、文化相対主義を主張したのは、フランツ・ボアズである。ドイツのユダヤ人のもとに生まれたボアズは、バフィン島のイヌイットの調査から、『未開人のこころ』(1911)を発表し、未開人も文明人もその心や知性は同等であり、その文化は平等であると唱え、台頭しつつあった人種差別主義に対抗した。ボアズはコロンビア大学で、ロバート・ローウィ、ルース・ベネディクト、マーガレット・ミードら多くの弟子たちを指導し、20世紀のアメリカの人類学研究の中心的存在となった。そして、長きにわたって多大な影響をおよぼした。

このような進化論と人間または社会をめぐるあつれきを、ドーキンスが知らないはずはない。『利己的な遺伝子』の中には、マーガレット・ミードの名前もでてくる。ドーキンスが、わざわざタブーに触れる章を設けたのは、あえて物議を醸すためだと思われる。『利己的な遺伝子』論の理論的支柱の一人である集団遺伝学者のR・A・フィッシャー(1890-1962)は、優生学の推進者であったため、戦後は冷遇された。また、フィッシャーの影響をうけて集団遺伝学に進み、血縁選択説を唱えたW・D・ハミルトン(1936-2000)も、優生思想を支持していたために、批判をあびていた。

ドーキンスが、あえてタブーを冒すようなことをしたのは、フィッシャーやハミルトンなどへの批判をやわらげ、社会的にも再評価されることが目的であったのではないだろうか。11章の最後の結論では「われわれは遺伝子機械として組立てられ、ミーム機械として教科されてきた。しかしわれわれには、これらの創造者にはむかう力がある。この地上で、唯一われわれだけが、利己的な自己複製子たちの専制支配に反逆できるのである」と書いて、それまで述べてきた文化進化の主張を投げ打っている。さらに、補注11-8では、「私たちの脳は、遺伝子に対して反逆できるほどには十分に、遺伝子から分離独立した存在なのである」と書き加え、人間の脳=新皮質を、遺伝子より上位に置いている。すなわち、フィッシャーやハミルトンらは、学問的主張として優生思想をとなえたけれども、それは彼らが差別主義者だったからというわけではなく、時代的な限界であったことを暗に伝えようとしているのではないだろうか。

もちろん、これらの論争の起源は、ダーウィン進化論にある。慎重な科学者であったダーウィンは、進化論を人間にあてはめることをしなかったが、『種の起源』第3章生存闘争の最後の文章は次のように書かれている。

「すべての生物は、指数関数的な増加率で増えようと悪戦苦闘している。しかも、一生のうちのある期間、一年のうちのある時期、各世代、あるいはときに応じて、生存をかけた闘争を演じ、大量の死を被らなければならない。この事実を肝に銘じることくらいしか、われわれにできることはない。そうした闘争について考えると悲嘆したくなるかもしれないが、慰めもなくはない。自然の闘いは絶え間なく続くわけではなく、一般に死は即座に訪れるもので、恐れは感じないし、頑強で健康で運のよい個体が生き残って繁殖するのだと固く信じれば慰めもあるというものだ」

ダーウィンは、生物の激しい生存闘争と、その結果としての膨大な死を前にして、慰めにもなっていない慰めを書くほかはなかった(人間には適応していない)。一方、ドーキンスは、進化論以後の歴史をふまえ、遺伝子に対して脳(新皮質)という人間存在の「希望」を対置して、自分自身と我々を鼓舞しているのであろう。(つづく)

文献
ダーウィン、1859、『種の起源』、光文社、2009
リチャード・ドーキンス、1976、『利己的な遺伝子』、紀伊國屋書店、2006
ほかは文中の書名を参照

利己的な遺伝子

posted with amazlet at 16.08.17
リチャード・ドーキンス
紀伊國屋書店
売り上げランキング: 4,065

味覚と栄養分貯蔵(肥満)の関係

 

前回のブログを書いたときに、「味覚」についての論文をたくさん読んだので、忘れないうちに、味覚と栄養分貯蔵について書いてみる。「生物は、自分の現在の身体のおおよその代謝条件とか栄養状態を「認知」しており、「自己の状態」と「食べ物」を比較しながら、摂取するべきかどうかを判断している」と書いたが、「自己の状態」というのは何のことをさすのか?

ドーキンスの定義によれば、個々の人間は、「遺伝子の乗り物、すなわち遺伝子機械」とされる。別の言い方では、「生存機械」、「遺伝子の受動的な避難所」、「ライバルとの化学的な戦いや偶然の分子の衝撃の被害から身をまもる壁」と定義されている。なお、ここで使われている「遺伝子」(gene)の定義はかなりややこしい。「遺伝子」は、「十分に存続しうるほどには短く、自然淘汰の意味のある単位としてはたらきうるほど十分に長い染色体の一片」と定義されている。別の言い方では、「自然淘汰の単位として役立つだけの長い世代にわたって続きうる染色体物質の一部」とか「複製忠実度のすぐれた自己複製子」などとあらわされている。また、有性生殖を行う生物では、「性と交叉によって遺伝子プールはよくかきまぜられ、遺伝子は部分的にまぜられる」状態にあり、「遺伝子は、死ぬべき運命にある生存機械を次々につくっていくために、遺伝子プールから相ついでひきだされてくる仲間の集団と協力して、生活をたてている」。

乗り物

人間が食べ物を摂取するのは、もちろん生存するためである。すこし細かく見ると次のようになる。

おなかがすく→食べたい→口に入れる→おいしい→たくさん食べる→満腹になる→生存する→自己複製する

これは、おいしいもの食べることで、自己複製子が存続することにつながり、反応と結果に矛盾がない。ところが、現代人では、次のようになることがしばしばある。

おなかがすく→食べたい→口に入れる→おいしい→たくさん食べる→満腹になる→肥満になる→健康を害する

これは、「遺伝子の乗り物」である人間の反応としては矛盾である。この遺伝子は自己複製が困難になり、絶滅する運命にあるからだ。このアルゴリズムのどこに問題があるのであろうか。「おなかがすく→食べたい→口に入れる→おいしい→たくさん食べる→満腹になる」までの反応は、流動する栄養状態の変動に左右される。つまり、流動栄養分が不足するとおなかがすき、栄養が吸収されて流動栄養分が充足すると満腹になる。吸収された栄養分のうち、充足分と成長分をひいた余剰分は貯蔵部に移行し、不溶性となって流動栄養状態に影響を与えなくなる。つまり、どんなに貯蔵量が多くても、時間がくれば「おなかがすく」状態になる。

「おなかがすく」から「口に入れる」までの反応は、生物としてあたりまえの反応なので、これを否定する人はいない。そこで、ふつうは、「おいしい」と「たくさん食べる」という反応に問題があるのではないかと考える。このため、現代人は味覚がおかしくなっていて、本当のおいしさを知らず、何を食べているかわからなくなっているとか、現代の食べ物のおいしさは人工的に作られた「まやかし」であり、「本物のおいしさ」は別にあるはずと考える人もいる。「たくさん食べる」ことについては、飽食は悪だと考えている。これは、アフリカの飢えた子供の姿を見せるだけで十分だ。私などは、なぜだかよくわからないが、やせた小さな子供の姿を見た瞬間に心が苦しくなって食欲が減退する。年をとった自分よりも、小さな子供のほうが遺伝子を存続させる可能性が高いため、「乗り物」である私がそう感じるように、遺伝子に操られているのであろう。

しかしながら、最新の分子生物学によれば、「味覚」は純粋に化学的な反応であって、誰でも同じ感覚を感じているはずである。栄養状態の違いや遺伝的な変異を別にすれば、甘いものはすべての人が甘いと感じるのであって、甘いものを辛いと感じる人はいない。そもそも、人間が「食べたい」とか、食べ物が「おいしい」と感じる反応は、きわめて合理的で誤りがないはずだ。なぜなら、その反応に基づいて食べるという行動を何万年も続けてきた結果、人類は存続し、繁栄できたからだ。もし、味覚や摂取行動に誤りがあれば、とっくに絶滅しているはずだ。なので、人が「おいしい」と感じておなかいっぱいになるまで食べることには、論理的には矛盾がない。

次に「肥満になる」について検討してみる。人間が栄養分を身体内にたくさん貯蔵することは、「肥満」と呼ばれている。また、一般に「肥満」というのは、脂肪の蓄積のことを指している。しかし、じっさいには貯蔵部に蓄積される栄養分は脂肪だけではない。栄養分を多く貯蔵している臓器には以下のものがある。

脂肪:貯蔵されるのはエネルギーであり、元素は炭素C、水素H、酸素O。
筋肉:エネルギーと、窒素N、リンP、硫黄Sなどの元素。
骨:カルシウムCa、リンP、マグネシウムMgなどの元素。
体液:カリウムK、ナトリウムNa、カルシウムCa、塩素Cl、リンP、硫黄S、鉄Feなど。
肝臓:エネルギーのグリコーゲン、元素は炭素C、水素H、酸素O。

上のように、人体はエネルギーと元素を多く蓄えることができるが、水を多く蓄えることができない。そのため、水を摂取しつづけないと生存できない。なぜ、エネルギーと有用元素を貯蔵するのかといえば、もちろん、自然の状態では、食べ物を摂取できない期間がしばしば存在するからだ。人間だけでなく、ほとんどの生物は貯蔵機構を有している。誰でも知っているのはクマで、ヒグマは4か月間も絶食状態で冬眠し、冬眠中は蓄えた栄養分だけで生存している。人間に近い類人猿では、ゴリラやオラウータンを飼育下において食べ物をたくさん与えると、肥満になることが知られている。一方、チンパンジーは、飼育下でも肥満にならず、たくさん食べても脂肪がつきにくいという。樹上で生活し、群れ同士が激しく闘争するチンパージーは、脂肪ではなく筋肉にエネルギーと有用元素を貯蔵するほうが生存に有利だったのであろう。

サン族

上の図は、狩猟採集民であるサン族(ブッシュマン)が利用する植物性食物の季節的移り変わりをあらわしている。2種のメロンは水源として利用される。1~8月のおもな食料は2種の豆である。カラハリ砂漠では、9~10月の乾季は雨がまったく降らず、かん木や草は枯れ尽くす。動物も人間も飢えて、食料が不足する苦しい時期をすごす。豆を貯蔵しておけばよいと思うが、キャンプを移動しながら狩猟採集しているサン族は、一度に背負うことができる分しか貯蔵できない。乾季後半~翌1月までのおもな食料は、2種の根茎である。なお、動物の肉は、労力がかかるわりには、入手できる量が少ない。ふだんの時期の1日1人当たりの植物性食物の摂取量は800g、動物性食物は200gという。なお、日本人の成人の食事摂取基準では、炭水化物250~400g、タンパク質50~60g、脂質50~80g、その他40~50gなので、サン族のふだんの摂取量のほうが、日本人よりやや多い。

人類の歴史のほとんどは、サン族のような狩猟と採集の生活である。サン族の暮らしをみれば、どうして人間は、肥満になるほど食べるのかはあきらかである。もともと人間は、食料が入手しやすい時期は満腹になるまでたくさん食べて、身体内に栄養分を貯蔵する。そして、貯蔵した栄養分で食料入手が困難な時期を乗り越えてきた。このような行動をとる遺伝子のみが、現在まで存続してきた。現代人は、満腹になるまで食べて、ダイエットをくり返すことは、何かうしろめたいことのように感じている。しかし、本来の人類の生活条件や身体条件からみれば、むしろそちらのほうが自然であたりまえの姿であるということもできる。

文献
リチャード・ドーキンス、1976、『利己的な遺伝子』、紀伊國屋書店、増補新装版、2006
池田清和・柴田克己編、食べ物と健康1、化学同人、2004
田中二郎、ブッシュマン、思索社、1971
日本人の食事摂取基準(2015 年版)の概要

http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-10904750-Kenkoukyoku-Gantaisakukenkouzoushinka/0000041955.pdf