「窒素(硝酸イオン)が多いとなぜ作物はおいしくないのだろうか?」の解説、その1

先日、「窒素(硝酸イオン)が多いとなぜ作物はおいしくないのだろうか?」を書いた。短い文章なので、なかなかうまく伝わらないのであろうが、ほんとうは、この文章には、いくつもの、世間や農業界に流布している「常識」に対する、私の長年の「疑問」が含まれている。もとは、その前に書いた「腐植の成り立ちと機能」から続く文章だ。文章が短いのは、くわしく、一冊の本になるほど書いても、文章で生活している私には、一銭の得にもならないから。本を作ったとしても、そんな本を買う人はほとんどおらず、出版しても赤字になるので、出版社は出版しない。雑誌などに投稿しても、しぼりだすように書いた文章の原稿料はすずめの涙で腹が立つだけで書かないほうがましだ。お金にできないので、ただのブログに適当に書いている。(下品で無駄口が多すぎた)

かなり専門的な農業書であっても、市販されている肥料や土壌の本には、「腐植は、粘土鉱物と同様に陽イオン交換を行ない、各種の金属イオンと錯体を形成して陽イオン交換容量(CEC)を高める」のようなことが書いてある。作物の養分となる陽イオンはアンモニウムイオン、カリウムイオン、カルシウムイオン、マグネシウムイオンなど、と教科書に書いてあるので、これを続けて読めば、腐植が多い土壌は、アンモニウムイオンやカルシウムイオンをしっかり保持して、保肥力が高くなると誰でも思うであろう。

これは本当にそうなのか?とずっと疑問に思っていた。マイナスイオンの硝酸イオンは保持しにくいから、流亡しやすいのはわかるが、もし、腐植が電気的にしっかりとアンモニウムイオンを保持しているのであれば、硝化菌はあれほど簡単に窒素を硝化することができないのではないだろうか?

じっさいの現象としては、日本では腐植率の高い黒ボク土壌であっても、腐植率がきわめて高いアメリカのプレーリー土であっても、窒素の流亡が大問題になっている。地下水や河川を汚染するということで、環境を気にする消費者から、化学肥料と慣行農家が目の敵にされる。難解な農芸化学など理解不能(私でも難しい)な一部の消費者は、化学肥料を使わず堆肥を使えばいいのにといい、有機農家を聖人かなにかのようにあつかう。農業のことに詳しい人なら、「なんかおかしい」と思うはずだが、ふつうの役人は世間体と保身が一番大事なので、何も言わずうけながす。

この「腐植信仰」、「堆肥信仰」のもとになっている、腐植のことをもう一回、調べなおすことにした。日本に限らず、世界でも腐植の研究をしている研究者はごくわずかしかいない(金にならないから)。熊田恭一先生の本が出版されたのは1981年だし、筒木潔先生の本は1994年でしかも単著ではない。もうずいぶん昔の本であるが、こんなマニアックな本は世間の人のみならず、農業の研究者でもごく一部の土壌の専門家以外はほとんど読んでいないのではないだろうか。入手することさえ難しい。

九州大学の和田信一郎先生が、最近、学生のために書かれた教科書をサイトにあげておられ、その解説には、「腐植酸やフルボ酸は多量のカルボキシ基を持っている.土壌中ではこれらの大部分はアルミニウムイオン,鉄イオンなどの多価金属イオンと結合して安定な錯体を形成している.しかし一部のカルボキシ基は遊離であり,土壌のpHによっては,カルシウムイオン,マグネシウムイオン,カリウムイオンなどを保持する.また,カルボキシ基は銅イオン,亜鉛イオンなどの微量必須元素とも安定な錯体を形成する.腐植物質のカルボキシ基は弱酸的であり,通常の土壌pHでの解離度は大きくない.そのため,アルカリ土類金属やアルカリ金属,アンモニウムイオンなどの保持への寄与はあまり大きいとは言えない.しかし,安定な錯体を作る銅や亜鉛などの遷移金属イオンの保持に対する寄与は大きい」とある。

なんだ、やっぱりそうだったんだと思った。(仕事に追われているので、つづく)

 

引用文献

和田信一郎、(2015)、土壌学

http://sky.geocities.jp/alloimo/

広告

投稿者: jcmswordp

著述、企画、編集。農家が教えるシリーズ(農文協)など

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中