麦の自然史

麦の起源を研究している学者などごく少数であるし、ましてや研究者以外の人が、麦の起源について関心をもつことなどほとんどないであろう。日本の小麦の輸入量は600万トンに対し、小麦の生産量は85万トン(2014年)で、大麦は17万トンしかない。しかし、日本の麦の研究はじつは世界のトップレベルであり、世界をリードしてきた。

1918年に、北海道帝国大学の坂村徹(1888-1980)は、小麦の染色体の倍数関係と正確な染色体数を世界で初めて発見した。小麦の染色体数は、7を基本とする倍数関係にあり、一粒系2n=14、二粒系2n=28、普通系2n=42である。それぞれ2倍体、4倍体、6倍体となる。

坂村の研究を引き継いだのが、普通コムギの起源を明らかにした木原均(1893-1986)である。北海道帝国大学から京都大学に移った木原は、1944年に、二粒系コムギ(2n=18、AABB)と、タルホコムギ(2n=14、DD)が交雑して、普通系コムギ(2n=42、AABBDD)になったことを解明し、1948年にはタルホコムギとマカロニコムギをかけ合わせて、パンコムギを作出することに成功した。

komugi1

 

さらに1955年、木原は、京都大学カラコルム・ヒンズークシ学術探検隊を組織し、パキスタンからカスピ海に至る1万キロを踏破して、マカロギコムギの畑で、雑草のタルホコムギが一緒に生えている場所を発見した。そして、パンコムギの起源地は、カスピ海西岸であると結論づけた。当時のメンバーには、岩村忍(東洋史学)、梅棹忠夫、岡崎敬(考古学)、北村四郎(植物学)、今西錦司、中尾佐助らがいたことを見れば、木原が日本の生物学、人類学、社会学などに与えた影響の大きさをうかがい知ることができるであろう。

本書の、丹野研一氏(山口大学)や森直樹氏(神戸大学)の研究は、木原均の小麦研究が、現在の日本の研究者にも脈々と受け継がれていることを示している。

一方、大麦の研究で世界的な業績を残したのは、高橋隆平(1910-1999)である。高橋は北海道帝国大学で育種学を学び、農林省農事試験場を経て、大原農業研究所(現在の岡山大学資源生物科学研究所)で、大麦研究に従事した。世界中から大麦の栽培品種4000、野生種200を集め、大麦の脱粒性は、2つの優勢遺伝子(Btr1、Btr2)によって支配されていることを発見した。この2つを同時に持つと脱粒性(野生型)となり、どちらか一方でも欠けると非脱粒性(栽培型)になる。さらに、一方はヨーロッパの品種に多く、もう一方は東アジアの品種に多いことを見出し、西域型(W型)と東亜型(E型)と名づけた。すなわち栽培大麦には2つの祖先があり、それぞれが西と東に伝播していったということを意味している。

2015年に、農業生物資源研究所の小松田隆夫氏、岡山大学資源植物科学研究所の佐藤和広氏らは、西域型の栽培大麦は約1万年前に南レヴァントで突然変異した子孫で、東亜型の栽培大麦は北レヴァントで起きた別の突然変異の子孫であることを突きとめた。このニュースは、本書を繰り返し読んでいた私には、ある程度予想どおりの結果であったが、高橋隆平氏の発見が、この報告につながったことは、非常に感慨深いものがあった。

生物学や農学の関係者なら、木原氏の名を知る人はいると思うが、高橋氏は麦の研究者以外には、その名がほとんど知られていないであろう。いつか、彼らのすばらしい業績の、歴史的な意味を知らしめるような本が作れたらなと思う。(一部敬称略)

文献

木原ゆり子、木原均小伝、北海道大学総合博物館ボランティア・ニュース 抜粋特別号(2015)

大麦系統保存の基礎を築いた 高橋隆平

http://www.rib.okayama-u.ac.jp/profile/ijinden/takahashi.pdf

“人類最古の農業”栽培大麦の起源を解明

http://www.nias.affrc.go.jp/press/2015/20150729/

麦の自然史-人と自然が育んだムギ農耕
有村  誠 大田正次 河原太八 笹沼恒男 武田和義 丹野研一 辻本  壽 富永  達 長野宏子 西田英隆 森  直樹 森川利信 吉村作治 渡部  武 佐藤洋一郎 加藤 鎌司
北海道大学出版会
売り上げランキング: 426,464

 

広告

投稿者: jcmswordp

著述、企画、編集。農家が教えるシリーズなど

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中