小学生が作る1km飛ぶゴム動力飛行機

わが家の子供(小学校6年生)が、ゴム動力飛行機を作った。プロペラとゴム以外の材料は、すべて100円ショップで買ったものばかり。バルサ材も100円だし、竹ヒゴも100円。翼の紙は運動靴を買ったときに入っている詰め物を利用している。

彼が作るのは、これが4機目(じっさいは改造・修正で20回以上作っている)なので、非常に手際よく製作していく。製作時間は2日間で、8時間30分であった。

この飛行機は、1キロくらい飛ぶように設計してあり、じっさいに、2号機は風に乗って、はるかかなたに飛んで行き、山の向こうに消えてしまった!

hi1

竹ヒゴを蒸気でまげる。

hi2

リブ(翼の骨)の切り出し。薄いバルサ材からカッターで切り出す。

hi3

主翼の組み立て。重要なところなので、何度も調整する。

hi4

翼に紙をはる。この紙は運動靴を買ったときに詰め物として入っていた紙。この紙をタオルで湿らせて、シワをつけてある。

hi5

完成。作りはじめてから、ここまで8時間30分。飛ばすのが楽しみだが、飛行距離が長いので、飛ばせる場所がなかなかないのが悩み。飛行機が行方不明にならないように、名前、住所、電話番号を書いておく。

 

広告

投稿者: jcmswordp

著述、企画、編集。農家が教えるシリーズなど

“小学生が作る1km飛ぶゴム動力飛行機” への 622 件のフィードバック

  1. Ι think this is one of the most important information for
    me. And i am glad readіng your article. But should remark on few general things,
    The website style is perfect, the articles is really
    ɡreat : D. Good jоb, cheers

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中